岡山理科大学 教育学部

在学生の声在学生の声

hikasa2  【英語教育コース】
 将来はわかりやすく授業ができる英語教師になりたいと思っています。英語教育コースの授業では英語の歴史を学んだり英字新聞英米文学の読解を通して国際社会や人間の心理について深く考えたりと、英語だけでなく関連する事象についても広く学ぶことができます。
 学生は様々な県から来ています。自分の知らない土地の話を教えてもらったり、岡山のことを教えてあげたり、日々刺激と新しい発見の中で楽しく充実した大学生活を送っています。
 【英語教育コース】
 中学校の時の英語の先生が、プロジェクターをうまく使ってクイズ形式で生徒に分かりやすく、また音読や英語劇を取り入れて楽しい授業をしてくださったことがきっかけで英語好きになりました。英語教師になることが私の夢です。これから留学にチャレンジして高い英語力を身に付けたいと思っています。また私は、学校という環境で生徒がどう育つのかという心理学的な側面にもとても興味があります英語と教育心理学の両方を深く学ぶことができるのは教育学部に進学した大きなメリットと感じています。
 arai1
shinmen1  【国語教育コース】
 入学した時は不安もありましたが、自分で時間割も組めたし、友人もでき、充実した大学生活を送っています。今は色々な授業が楽しい毎日です。
 国語教師を目指している私は古典を読むのが好きなので日本文学概論和歌源氏物語の世界に触れられるのはうれしいです。高校時代はお琴や卓球、吉井川舟唄踊り連と活動していましたが、一人暮らしとなり、意外に料理も得意なことを発見。クックパッドを見て何でも作ります。肉ジャガはちょっと自慢ですよ。
 【国語教育コース】
 高3の時、担任の先生のあまりに上手な教え方に魅了され、国語教師になろうと決めました。大学は時間を自分で自由に選んで使える素晴らしいところだと実感しています。
 授業では教育心理学おもしろくておススメです。学業以外では少林寺拳法部に入り、大会の上位入賞を目指して日々修練しています。このほか学習塾で中学生を教えるアルバイトもしていて、これは教師になる上で役に立つのではないかと思っています。
 segawa1
tatsumi1  【小学校教育コース】
 大学は「個別に勉強するところ」と思っていたのですが、探究活動探究ゼミ教科内容論等の講義はグループ活動が多く、すぐにみんななかよしになりました。みんなで協力して学べることがとても楽しいです。
 大学の講義は、研究や現場経験を積まれた先生方が、最新の研究動向や現場での体験談を交えながら丁寧に教えてくださるので、教員をめざす私にとってとてもためになります。またコモンルームやコンピューター施設、個別のピアノレッスン室など、目的に応じて学べる環境も整っていてとても快適です。
 【小学校教育コース】
 小学校の先生になりたいのはもちろんですが、社会の役に立つ人になりたいと思い、教育学部初等教育学科に入学しました。小学生と教師、両方の目線で学ぶことができ、特に教科内容論の講義は充実しています。また科学ボランティアを通してたくさんの子どもたちと触れ合う中で、ますます小学校の先生になりたいと思うようになりました。
 新しいからこそ、科学ボランティアや現場観察実習など新しい経験がたくさんできる大学です。学びたいと考えているならこの大学に入れば大正解です。
 nakamura1

pick up!

  • 在学生の声
  • 教員一覧
  • 教員インタビュー
  • 入試・特待生情報
  • 就職支援
Copyright© Faculty of Education, Okayama University of Science All Rights Reserved.
このページのTOPへ